ブログトップ

鈴木猛史のにっき

takeshiski.exblog.jp

猛史の近状ですが ww

はいさい♪
マネージャーの比嘉です。

猛史くんは、何とか猪苗代町でトレーニングに励んでいます。
まだ設備の少ないカメリーナですが、何とかマイペースを保ちながら頑張っています。
だよねー?w

ということで、私自身猛史くんの猪苗代町へ行ってきました。
さすがに、この時期の猪苗代町は涼しく、特に夜は肌寒くなって秋の気配がしてました♪
なぜか、沖縄人は寒いのを嫌うのに、私は好きな方なのだ~w

早速、今回猛史くんは8/23(SAT)にお隣りの郡山市立熱海中学校で道徳教育を中心とした講演をしてきました。
f0028959_14264146.jpg

学生全体ではなく、進路を控える3年生と保護者、そして教員らを対象として講演をしてきましたが、その時間が何と1時間半・・
講演前日に材料(Power Point)を作っていた私ですが、猛史くんが緊張の余り!?速いペースで進んでいる気がして焦りましたが、何とか無事終われてよかったです。
視覚材料としてPower Pointは使えたし、猛史くんが滑っている映像、そして講演終了後に実際にチェアスキーを触りに歩み寄る生徒や保護者達。
本当に、私たちとしてもよい経験をさせてもらいました。
f0028959_14321767.jpg


この他には、猛史のシートを製作して下さっている『アンクル』へ訪ねてきました^^
小さな会社とは聞いているのですが、これがもうホントにやばいぐらいすごいんです!
それは、自然の中の義肢製作所といった形で、周囲は田んぼばかり。
f0028959_1423153.jpg
                 写真撮影:猛史
このどこがすごいのかというと、私としてはこのような自然の中から世界に通用する猛史くんのシートが作れるというのは、アンクルを経営する家族のほとんどが義肢製作士や装具士として活躍されている中に秘密があるような感じがしました。
大きなことを言えば、家族同士強調し合い、そして一つの義肢を皆で作り上げていくといったような感じがしましたね。
アンクル様の社長もユーモアな方で、趣味も多々あり、程よいひと時を過ごしたような感じでした。
本当に、アンクル様の力が世界ランキング3位の猛史くんを支えてくれたんだなぁと感じました。

最後に、猛史は小さな猪苗代町で育ってきたんだけど、小さな地方ほど一人ひとりの支援が大きく感じました。
この感謝はいつまでも忘れずに、バンクーバーへ向けて一つ一つのトレーニング等に取り組んでいけたらいいと思っています。

本当に、郡山市立熱海中学校、有限会社アンクル 様 ありがとうございました^^


おまけ
f0028959_14362151.jpg

バッティングをする猛史w
[PR]
by takeshi_ganbare | 2009-08-26 12:36
<< 夏休みも・・ テスト >>